貿易事業

貿易事業概要

「輸出編」

なぜ中国は日本製品を買いたがるのでしょうか

年末年始などの観光シーズン、空港で大量の荷物を抱えている中国旅行者の映像をみたことのある方は非常に多いのでないのでしょうか。

こうした日本製品の人気は1990年代、「車と家電は日本製が一番」という定評が広まったことから始まっています。

人気の商品も当時とは大きく変化してきました。今多くの中国人観光客がお土産として購入していくのは、大きく分けると

以下の2つに分けられます。

①市販薬やティッシュ、女性用ナプキン、シャンプー、粉ミルク、サプリメント等の主にドラックストアで取り扱われている製品。

②空気清浄機や浄水器、ミネラルウォーター、食品など環境汚染問題や健康に関連する製品。

いかがでしょうか。我々日本人の感覚だと「近所のスーパーやモールで購入するような商品」でありわざわざ海外旅行の「お土産」で

買うというのは少し違和感があるのではないでしょうか。

それではなぜ、中国人観光客はこうした商品をお土産に買っていくのでしょうか。その背景には「日本製品は安心・安全」という

1990年代から続く定評と、「高品質で廉価」という日本製品のコストパフォーマンスの高さに対する信頼がある反面、自国の

日用品の品質への不満の高まりという側面を含んでいます。

こうした流れから「わざわざ渡航せずとも中国国内で日本製品を買いたい」

という声が増えてきているのは自然な現象でないでしょうか。

弊社にも中国の企業から「こんな商品が欲しいんですが~。。」と

ほぼ毎日お問い合わせいただいております。

ぜひ御社の商品を中国へ輸出みてみてませんか。

「輸入編」

非常に安価に仕入れや生産ができるというメリットは周知の事実でしょう。

そしてこのパンフレットをご覧いただいてくださっている企業様の中にも

既に「中国製品の輸入」や、「自社製品を中国国内の工場で生産」などを

行っていらっしゃるとこも少なくないでしょう。

もしくはこれからスタートを検討されている方もいらっしゃるかもしれません。

次の項では実際に中国と貿易をする上での障壁となるものを挙げてみたいと思います。

中国との貿易で立ち塞る障壁

実際に、いくつか弊社がよくご相談いただく声を挙げてみたいと思います。

輸出時

「商品を送ったが代金を支払ってもらえない」

「現地のバイヤーやブローカーの手数料が非常に高い」

「中国の法律を熟知している人間が身近にいない」

「現地の卸や問屋、小売店などと交渉がまとまらない」

「卸先が見つからない」「マーケットが探せない」

輸入時

「不適正な価格や料金(いわゆるぼったくり)で請求された」

「代金を支払ったのに商品が届かない」

「違った商品が届いたが、その後連絡がつかない 」

その全ての問題解決が可能このような話をすると中国への輸出入に対して尻込みしてしまいそうですが、

我々は決して「やめておきましょう」「危ないですよ」と言っているのではありません。

問題には必ず解決の糸口があります。

もちろん時間とコストをかければ自力で突破することもできるかもしれません、

しかしスピードとタイミングが命のビジネスの世界ですから、まずはプロ(弊社)にご相談してみてはいかがでしょうか。

弊社貿易事業部の強み

①現地の企業と提携しています。

日本と中国の両方のマーケットや法律を熟知した現地法人と提携していることにより

「卸先・販売先・仕入先・製造元などの開拓」 「ロット交渉や価格交渉の代行」

「最新の中国市場の情報提供」 「現地工場・生産者から直接輸入」

または、「現地への販売店の出店」「現地での支店の設立、登記のサポート」まで可能です。

②戦略から実務までコンサルティング可能

コンサルティング事業部のクライアント様には小売店・メーカーの法人や個人様が多数を占めており、

輸出輸入について数々のお手伝いをしてきました。 その経験からコンサルタント一人一人が実務から、

貿易を行う上でのトラブルやリスクを熟知していますので創業間もない企業様でも安心してご相談いただけます。

いかがでしたでしょうか。 少しでも弊社の貿易事業に興味を持っていただけたのであれば幸いです。

弊社はコンサルタントより対面でのご相談も行っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

輸入代行

料金=(商品代金+中国国内での輸送費+国際運賃)+ 代行手数料(商品代金の15%)

※1.商品によっては、別途関税をご負担いただく場合もございます。

※2.手数料は商品のロット数によって10%〜25%で変動。

例1)単価1000円の水着を100着輸入した場合のシュミレーション

(1000円×100個 + 中国国内送料:3000円 + 国際運賃:20000円)+ 代行手数料15%:15000円

合計188000円

納期:2週間〜1ヶ月後

輸出代行

料金=(国内運賃 + 国際運賃)+ 代行手数料(商品下代の合計金額の15%)

※1.手数料は商品のロット数によって10%〜25%で変動。

例2)粉ミルク(1缶800g)下代 1500円を100個 九州から輸出した場合のシュミレーション

(国内運賃 40000円 + 国際運賃 50000円)+代行手数料15%:22500円

合計112500円

輸入実績・・・衣類、玩具、雑貨、生活用品など

輸出実績・・・日用品など

 

 

弊社貿易事業部の強み

 

①現地の企業と提携しています。

日本と中国の両方のマーケットや法律を熟知した現地法人と提携していることにより

「卸先・販売先・仕入先・製造元などの開拓」

「ロット交渉や価格交渉の代行」

「最新の中国市場の情報提供」

「現地工場・生産者から直接輸入」

または、「現地での販売店の出店」

「現地支店の設立のサポート」

まで可能です。

②戦略から実務までコンサルティング可能

コンサルティング事業部のクライアント様には

小売店・メーカーの法人や個人様が多数を占めており、

輸出輸入について数々のお手伝いをしてきました。

その経験からコンサルタント一人一人が実務から、貿易を行う上でのトラブルやリスクを熟知していますので

創業間もない企業様でも安心してご相談いただけます。

いかがでしたでしょうか。

少しでも弊社の貿易事業に興味を持っていただけたのであれば幸いです。

弊社はコンサルタントより対面でのご相談も行っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

ACCESS

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3-9-10 天神松井ビル2F
TEL:092-753-7842
FAX:092-753-7534

Contact Us

お問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。